介護士募集詳細情報
山形県デイサービスであなたを必要としています!

  • 山形県デイサービス就活求人状況

    山形県デイサービスホーム6画像

    2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

    そんな日本に必要なのは、介護士です。

    今回はそんな介護士の山形県デイサービス求人情報をお知らせします。

    では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

    元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。

    また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

    介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

    肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

    それこそがやりがいと言う人もいます。

    介護士には、お年寄りを介護する有料老人ホーム、訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

    介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

    各市町村では、介護福祉施設の介護士求人していますが、求人票だけでは判断できない事も多いと思います。

    有給休暇やお給料、労働時間等・・・

    就職後にトラブルにならないようにしたいところです。

    そこで、面接や就職後のケアーまでしてくれる人材紹介会社のご利用をおすすめします。

  • 40歳以上の介護士・ヘルパーの転職・就職求人情報!

    このサイトでは、年齢を気にせず介護士・ヘルパーの求人情報を探せます。
    紙の求人票やインターネット検索で公開される求人情報だけではなく、好待遇の非公開求人情報もご紹介して、あなたの介護職への転職・就職に役立つ情報を提供します。


    40代以上だとハロワで就職・転職活動は難しい?

    40歳以上になると、ハロワでの介護職・ホームヘルパーのお仕事探し大変ですよね。

    40代以上だと、就職・転職活動が久しぶりという方も多いと思います。

    就職・転職活動をすべてを1人でやらないといけないとなると、不安ですよね。

    ・ハローワークの介護の求人情報は、自宅でもインターネット検索できます。でも、そのためには1度ハローワークで手続きをしないといけません。

    ・しかも、応募する時には、またハローワークまでいかないといけません。

    ・求人を見つけて応募しようとすると、また番号札を取って順番を待って・・。紹介状をいただいて・・・と待ち時間だけでもかなりを要します。

    ・履歴書の書き方、面接の仕方のセミナーは開催されていますが、「介護」に特化したものではありません。


    これでは時間と労力がかなり奪われてしまいます。

    就職先で力を出したいのに、就職活動で力を吸い取られる感じがしていませんか。

    40歳代は要注意!紙の求人情報では介護施設の雰囲気は分からない!

    ハローワークの求人票から、どれだけの情報が分かるでしょうか。

    40歳代以上なら、なるべく最後の職場にしたい・・という方も多いと思います。
    その場合、希望条件は、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、というソフト面を優先したいですよね。

    しかし、求人票からはソフト面は読み取ることができません。

    唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
    ですが、面接の前に知っておきたいですよね。



    ハロワにはない情報満載!介護士・ヘルパーの好待遇・高給料の求人情報はここにある!

    40歳代、50歳代におすすめの好待遇・高給料の求人情報を探す場合、2つの方法があります。



    1、求人サイトに登録して、ハローワークにはない情報を見る。

    無料の求人サイトに登録して、希望条件等を入力して情報を検索、見合う求人を見つけたら応募する、という流れです。
    1人で求人情報を検索したい方、お急ぎではない方におすすめです。

    2、転職・就職支援サイトに登録して、転職エージェントと一緒に就活や転職をする

    ソフト面の情報が欲しい時は、介護業界で長年転職・就職活動やパート・アルバイト探しのサポートをしているプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。
    また、求人情報の提供だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。
    就活や転職を急いでいる方、一生の職場を探している方、慎重に選びたい方におすすめです。


    おすすめの、求人サイト、転職支援サイトはこちらで紹介しています


  • ホームヘルパーの仕事と求人

    最近、ホームヘルパー求人が多く出されているのを目にすることも多いと思います。

    ホームヘルパーとは、介護施設で行う介護ではなく、介護を必要としている方のご自宅に、指定された日時に出掛けて、指示された家事、もしくは介護業務を行います。

    ヘルパーステーション、居宅介護サービスの事務所といったところに所属して働きます。

    家事業務とは、出掛けるのが難しい利用者の代わりにスーパーマーケットに買い物に行ったり、片付けや掃除をしたり、食事を用意したり、といったことです。

    介護業務は、シーツを交換したり、お風呂などの介助や、食事をする手助けを行います。

    1時間ほどを1つの単位として介護を行います。

    介護施設などに出掛ける手助けを行うこともあります。

    お住まいの近くの介護施設でも、あなたを必要としている方が待ってます。

    是非この機会に就職・転職を考えてみて下さい。

有料老人ホームの特徴

元気な方のホームの特徴 介護の方のホームの特徴
ホームの規模 50室以上の比較的大規模なところが多い 50室未満の小規模なところが多い
部屋の設備 居室にトイレやお風呂、ミニキッチン等がついたマンションのような造りの居室が多い。
居室環境重視。
居室にトイレ、洗面台等がつき、ベッドを1台配置できる位のスペースのワンルーム形式の部屋が多い。
介護しやすい居室。
共用施設 食堂、大浴場、ラウンジ、図書室、トレーニングルーム等 食堂、浴室、リハビリスペース等
生活内容 音楽コンサート、バスツアー、ビリヤード、ダーツ、マージャン、卓球、書道、絵画、ダンス、介護予防体操等 ドライブ、散歩、リハビリ体操、映画鑑賞、カラオケ、園芸、音楽療法等
入居者年齢 ご自分で選択して入居する方が多く、75歳前後が多い傾向にある。 ご家族が選択する場合が多い。 ご本人は要介護認定を受けており、80歳を超えての入居が多い傾向にある。
  • 無資格未経験の方にオススメ

    無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

    無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

    特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

    特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

    夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
    ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
    ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
    まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

山形県 介護の取り組み

  • 居宅介護サービス

    訪問介護、介護予防訪問介護

    サービスの内容
    訪問介護は、訪問介護員(ホームヘルパー)等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事等の介護や掃除・洗濯等の家事の援助を行うサービスです。
    介護予防訪問介護は、利用者が要支援状態の維持もしくは改善を図れるよう、訪問介護員(ホームヘルパー)等が居宅を訪問し、入浴、排泄、食事の介護、その他の生活全般にわたる支援を行うサービスです。
    ※介護予防訪問介護については、平成 27 年4月から平成 29 年3月までの間に、市町村の体制整備後、順次、介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型サービスに移行します。
    訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。
    介護予防訪問介護は、平成29年度末までに介護予防・日常生活支援総合事業に移行するため、年々減少していきます。

    訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護

    サービスの内容
    訪問入浴介護及び介護予防訪問入浴介護は、入浴の困難な要介護者等の身体の清潔保持、心身機能の維持を図るために居宅を入浴車等で訪問し、浴槽を持ち込み入浴の介助を行うサービスです。
    ※訪問入浴介護、介護予防訪問入浴介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    訪問看護、介護予防訪問看護

    サービスの内容
    訪問看護及び介護予防訪問看護は、要介護者等の居宅を、病院・診療所や訪問看護ステーションの看護師等が訪問し、療養上の世話や必要な診療の補助を行うサービスです。
    ※訪問看護、介護予防訪問看護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    訪問リハビリテーション、介護予防訪問リハビリテーション

    サービスの内容
    訪問リハビリテーション及び介護予防訪問リハビリテーションは、病院又は診療所の理学療法士又は作業療法士が、計画的な医学管理を行っている医師の指示に基づき、居宅を訪問し、心身の機能の維持回復、日常生活の自立を助けるために必要な理学療法、作業療法等のリハビリテーションを提供するサービスです。
    ※訪問リハビリテーション、介護予防リハビリテーションともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導

    サービスの内容
    居宅療養管理指導及び介護予防居宅療養管理指導は、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、看護師、准看護師、歯科衛生士、管理栄養士等が通院困難な要介護者等の居宅を訪問し、療養上の管理及び指導を行うサービスです。
    ※居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    通所介護、介護予防通所介護、地域密着型通所介護

    サービスの内容
    通所介護は、デイサービスセンターや特別養護老人ホームなどに日帰りで通い、入浴、食事の提供その他の日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
    介護予防通所介護は、日常生活上の支援など「共通的なサービス」に加え、運動器の機能向上や栄養改善などの「選択的なサービス」の提供を行います。
    ※ 介護予防通所介護については、平成 27 年4月から平成 29 年3月までの間に、市町村の体制整備後、順次、介護予防・日常生活支援総合事業の通所型サービスに移行します。
    ※通所介護事業所のうち、利用定員 18 人以下の小規模な通所介護事業所については、平成 28 年4月から地域密着型通所介護事業所に移行します。(なお、要支援者に対する予防給付は、介護予防通所介護のままで、その後、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。)
    ※通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。介護予防通所介護は、平成29年度末までに介護予防・日常生活支援総合事業に移行するため、年々減少していきます。
    また、平成28年4月から始まる地域密着型通所介護の影響により、平成 28 年度の通所介護の事業量については、一時的に減少しますが、その後増加するものと見込まれます。

    通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーション

    サービスの内容
    通所リハビリテーションは、介護老人保健施設、病院、診療所に通い、心身の機能維持回復を図り、日常生活の自立を助けるための理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを受けるサービスです。
    介護予防通所リハビリテーションは、日常生活上の支援など「共通的なサービス」に加え、運動器の機能向上や栄養改善などの「選択的なサービス」の提供を行います。
    ※通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーションともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護

    サービスの内容
    短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護は、特別養護老人ホーム等に短期間入所して、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
    ※短期入所生活介護、介護予防短期入所生活介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護

    サービスの内容
    短期入所療養介護及び介護予防短期入所療養介護は、介護老人保健施設、介護療養型医療施設等に短期間入所して、看護、医学的管理の下、介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生活上の世話を受けるサービスです。
    ※短期入所療養介護、介護予防短期入所療養介護ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与

    サービスの内容
    福祉用具貸与及び介護予防福祉用具貸与は、日常生活上の便宜や機能訓練のための福祉用具を貸与するサービスです。
    要支援及び要介護1の者については、原則として、特殊寝台・車いす・移動用リフトなどが貸与の対象となりませんが、日常的に歩行が困難な場合など、福祉用具が必要な状態であると判断された者については貸与の対象となります。
    ※福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与ともに、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護

    サービスの内容
    特定入居者生活介護・介護予防特定施設入居者生活介護は、有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居者である要介護者等に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。
    特定施設入居者生活介護は、介護専用型特定施設(入居者を要介護1以上に限る施設)、混合型特定施設(介護専用型以外の特定施設:自立者及び要支援者の入居を認める施設)及び地域密着型特定施設に分類されます。
    ※特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    介護士転職詳細を確認

    居宅介護サービス

    居宅介護支援、介護予防支援

    サービスの内容
    居宅介護支援は、要介護者等がその心身の状態等に応じた適切な介護サービスを受けることができるように、ケアプランを作成するとともに、介護サービスの提供に際しての事業者との調整、実際のサービスの利用状況・実施状況の把握や給付管理票の提出などの給付管理を行うサービスです。
    介護予防支援は、要支援者がその心身の状態に応じた適切な介護予防サービスを受けることができるように、予防プランを作成するサービスです。このサービスは、市町村が設置する地域包括支援センターが実施します。
    ※介護予防訪問介護及び介護予防通所介護のみを利用している方の介護予防支援については、介護予防・日常生活支援総合事業に移行します。
    ※居宅介護支援は、計画期間中は増加するものと見込まれますが、介護予防支援については、介護予防訪問介護と介護予防通所介護の介護予防・日常生活支援総合事業への移行に伴い、一時的には減少する見込みです。

    定期巡回・随時対応型訪問介護看護

    サービスの内容
    定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、在宅の要介護者に対し、日中・夜間を通じて訪問介護と訪問看護を一体的に又はそれぞれが密接に連携しながら、定期巡回訪問と随時の対応を行うサービスです。
    「単身・重度の要介護者」であっても、在宅を中心とする住み慣れた地域で、尊厳と個別性が尊重された生活を継続できるような社会環境の整備を目標として、平成 24 年度から新たに始まったサービスです。
    ※定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    夜間対応型訪問介護

    サービスの内容
    夜間対応型訪問看護は、在宅の要介護者に対し、夜間の定期巡回や通報による随時訪問を行い、必要な介護を行うサービスです。
    ※夜間対応型訪問介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護

    サービスの内容
    認知症対応型通所介護及び介護予防認知症対応型通所介護は、認知症の症状がある要介護者等が、老人デイサービスセンターや認知症高齢者グループホームなどに通い、日常生活上の世話や機能訓練を受けるサービスです。
    ※認知症対応型通所介護、介護予防認知症対応型通所介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護

    サービスの内容
    小規模多機能型居宅介護及び介護予防小規模多機能型居宅介護は、「通い」を中心として、利用者の様態や希望に応じて、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせてサービスを提供することで在宅での生活継続を支援するサービスです。
    ※小規模多機能型居宅介護、介護予防小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

    サービスの内容
    認知症対応型共同生活介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護は、認知症の症状がある要介護者等に対し、その共同生活を営むべき住居において、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話及び機能訓練を行うサービスです。
    ※認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

    地域密着型特定施設入居者生活介護

    サービスの内容
    地域密着型特定施設入居者生活介護は、入所者が 29 名以下の有料老人ホームや介護利用型軽費老人ホーム(ケアハウス)などが、入居している要介護者に対し、特定施設サービス計画に基づいて、入浴、食事、排泄等の介護その他日常生活上の世話、機能訓練を行うサービスです。

    地域密着型介護老人福祉施設

    サービスの内容
    地域密着型介護老人福祉施設は、入所する要介護者に対し、入浴、排泄、食事等の介護その他、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理及び療養上の世話を行います。
    入所定員が29名以下の特別養護老人ホームのことをさします。

    看護小規模多機能型居宅介護

    サービスの内容
    看護小規模多機能型居宅介護は、在宅の要介護者に対し、訪問看護及び小規模多機能型居宅介護を一体的に提供するサービスです。
    看護と介護の連携による一体的なサービス提供により、緊急時の対応を含め、柔軟なサービス提供が可能です。
    医療・看護ニーズの高い要介護者を地域で支えるサービスとして、平成24年度から「複合型サービス」として新たに始まったサービスですが、平成 27 年度からサービス名称が「看護小規模多機能型居宅介護」になりました。
    ※看護小規模多機能型居宅介護は、計画期間中は増加するものと見込まれます。

北村山郡の介護施設求人情報と募集詳細

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ