介護士募集詳細情報
和歌山県訪問入浴であなたを必要としています!

  • 和歌山県訪問入浴就活求人状況

    和歌山県訪問入浴ホーム6画像

    2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

    そんな日本に必要なのは、介護士です。

    今回はそんな介護士の和歌山県訪問入浴求人情報をお知らせします。

    では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

    元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。

    また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

    介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

    肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

    それこそがやりがいと言う人もいます。

    介護士には、お年寄りを介護する有料老人ホーム、訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

    介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

    各市町村では、介護福祉施設の介護士求人していますが、求人票だけでは判断できない事も多いと思います。

    有給休暇やお給料、労働時間等・・・

    就職後にトラブルにならないようにしたいところです。

    そこで、面接や就職後のケアーまでしてくれる人材紹介会社のご利用をおすすめします。

  • あなたのやる気をきちんと聞いて全力でサポートします。

    一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

    1【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

    • ご主人の扶養内でお仕事したい。
    • 子供が小さいので5時までがいい。
    • 保育園や家から近い方がいい。
    • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
    など様々だと思います。

    【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

    • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
    • お給料がいいこと。
    • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。
    • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
    • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
    • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
    • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。

    一緒に、両立できる就職先を探しましょう。

    介護施設と一口に言っても、多くの種類がありますね。
    それに、同じデイサービスと言っても、仕事内容はたくさんあります。
    先ほど考えた、【1】あなたの希望を叶え、【2】意欲を発揮できる施設はどこでしょうか。

  • ホームヘルパーの募集

    ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

    ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

    例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
    (小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

    登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

    お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

    又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

    どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。

有料老人ホームの特徴

元気な方のホームの特徴 介護の方のホームの特徴
ホームの規模 50室以上の比較的大規模なところが多い 50室未満の小規模なところが多い
部屋の設備 居室にトイレやお風呂、ミニキッチン等がついたマンションのような造りの居室が多い。
居室環境重視。
居室にトイレ、洗面台等がつき、ベッドを1台配置できる位のスペースのワンルーム形式の部屋が多い。
介護しやすい居室。
共用施設 食堂、大浴場、ラウンジ、図書室、トレーニングルーム等 食堂、浴室、リハビリスペース等
生活内容 音楽コンサート、バスツアー、ビリヤード、ダーツ、マージャン、卓球、書道、絵画、ダンス、介護予防体操等 ドライブ、散歩、リハビリ体操、映画鑑賞、カラオケ、園芸、音楽療法等
入居者年齢 ご自分で選択して入居する方が多く、75歳前後が多い傾向にある。 ご家族が選択する場合が多い。 ご本人は要介護認定を受けており、80歳を超えての入居が多い傾向にある。
  • 介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

    ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

    • 【転職支援サイト】
      介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。


    • 【介護の求人検索サイト】
      求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
      一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

    • 2つ同時に登録、利用可能です。
      今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
      求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
      情報は広くたくさん集めましょう。


    人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。


人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート


    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。

    • 介護の現場の特徴

      介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
      例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
      大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
      そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

      自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
      医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

      今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

    和歌山県 介護の取り組み

    • 和歌山県介護の具体的な取組内容(参入促進)

      介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

      福祉職場や若手職員の声を紹介するイメージアップ冊子を作成し、県外の大学・専門学校や、県内の高校に配布【基金】

      ⇒年間50人の参入促進

      高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

      保護者に対する福祉の仕事の理解を促進するため、保護者向けガイドブックを作成・配布し、学生が進度選択するための後押しをする【基金】

      ⇒年間10人の参入促進

      中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

      高齢者が自信の持つ知識や経験、技能を講師(有償ボランティア)として社会に還元することをサポートするため、シニア活躍拠点を設置し、ボランティアの募集・登録やニーズとのマッチングを実施【基金】

      その他の「参入促進」の取組

      ○就職を希望する高校生を対象に、介護職員初任者研修を取得させる。【基金】
      ○潜在的有資格者で、情報提供希望者に求職情報等提供。また、最新の介護技術や制度など再就職を支援する研修会を開催。【基金】
      ○介護分野の仕事に関心のある人に、実際に介護の職場体験の機会を提供。

      ⇒●年間40人の参入促進
      ●年間10人の参入促進
      ●年間10人の参入促進

      介護士転職詳細を確認

      高齢者が住みなれた地域で自立して暮らすことのできるまちづくり

      高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていくためには、介護や支援が必要になった時にも安心して生活を送ることができるよう、必要とするサービスを円滑に利用できる環境を整備していくことが必要です。

      本県においては、地域包括ケアの推進を図るための拠点の一つとして、地域包括支援センターを設置しています。地域包括支援センターは、高齢者が住み慣れた地域で、その人らしい生活が送れるよう支援するために、介護保険、介護予防サービスをはじめ、保健・医療・福祉・権利擁護等、様々な支援を他機関と連携しながら、包括的・継続的に提供を行い、総合的なケア体制づくりを推進しています。

      高齢化の進展に伴って、認知症高齢者が増加することが予測されており、認知症対策については国や県の動向を踏まえながらの事業展開が重要となります。

      また、支援が必要な高齢者が安心して地域で生活を送るためには、公的なサービス提供だけではなく、より身近な地域住民の声かけや見守り等による互助が鍵となるため、隣近所の付き合いや住民同士の支え合い等のネットワーク化の促進がさらに重要となります。

      高齢者の総合相談窓口としての機能を果たす地域包括支援センターをはじめとする公的サービス機関と、民生委員・児童委員、インフォーマル資源としての自治会や老人クラブ、ボランティア団体等が重層的につながることで、地域での生活に高齢者がより安心感を抱けるよう、対応を図っていくことが求められています。

    和歌山市の介護施設求人情報と募集詳細

    他の介護施設を見る!

    このページの先頭へ