介護士募集詳細情報
新潟県老人保健施設であなたを必要としています!

  • 新潟県老人保健施設就活求人状況

    新潟県老人保健施設ホーム6画像

    2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

    そんな日本に必要なのは、介護士です。

    今回はそんな介護士の新潟県老人保健施設求人情報をお知らせします。

    では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

    元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。

    また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

    介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

    肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

    それこそがやりがいと言う人もいます。

    介護士には、お年寄りを介護する有料老人ホーム、訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

    介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

    各市町村では、介護福祉施設の介護士求人していますが、求人票だけでは判断できない事も多いと思います。

    有給休暇やお給料、労働時間等・・・

    就職後にトラブルにならないようにしたいところです。

    そこで、面接や就職後のケアーまでしてくれる人材紹介会社のご利用をおすすめします。

  • 介護施設の転職はプロにお任せ

    ホームヘルパー・施設介護職員をはじめ、ケアマネジャー、サービス提供責任者、生活相談員など、介護・福祉の仕事に特化した求人情報をお探しであれば、30秒程度の簡単な登録だけですぐにネットでたくさんの介護士求人情報を入手する事ができます。

    全国の介護福祉の求人情報の中から自由にお仕事を探す事ができ、簡単な会員登録でそのまま各法人に直接応募が可能です。さらにチェックボタンで簡単に一括応募できる機能もあり、複数求人への応募も楽々です。また、新着求人の案内や、おすすめの介護福祉関連情報などのメールマガジンにより、あなたのお仕事探しをサポートします。

    ヘルパーや介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護福祉士(ケアワーカー)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)、作業療法士、理学療法士、医療事務、介護事務、管理栄養士など、最新かつ現在募集中の有効な介護士求人情報が見つかりますよ。


    でも、「転職のプロ」を使った方がお得な理由はそんなことではありません。


    ◆職場の雰囲気はいい?

    ◆スタッフ同士の人間関係はギクシャクしていない?

    ◆先輩職員さんたちは定着している?

    ◆就職後のお給料の上がり方は?

    ◆残業はどのくらいあるの?

    ◆休日日数はしっかり確保できるの?

    ◆どんな人物を採用したがっているの?

    ◆ズバリ、私が採用されるにはどうしたらいい?


    ・・・求人情報を見ただけでは、「実際どうなの?」というところまでは分かりませんよね。

    採用する施設側が作る求人情報には「自分たちに都合の悪いこと」はわざわざ書かないのが普通です。

    自分からは聞きづらい内容も「転職のプロ」の力を借りて正確な情報を得たり、不安なこと・疑問に思うことなどを納得のいくまでリサーチしたり、よりよい転職のために必要なアドバイスを何度でも完全無料で受けることができます。

    ご自分の将来のために、また希望にあった職場への転職を実現するために、「転職のプロ」のサービスを受けてみてはいかがでしょうか?



  • 仕事を探す人には大きなチャンス

    高齢化が進むにつれ、介護の問題が注目されています。

    特に、ケアマネージャーの需要は年々非常に高まっています。

    しかしながら、需要に供給がなかなか追いつかない状況です。

    こういった問題は、さらに継続すると見込まれており、ケアマネージャーの求人には行政も注目しています。

    逆に言えば、仕事を探す人にとっては、大きなチャンスでもあります。

    今後さらに需要が見込まれる職場で働くことは、働きがいにも繋がります。

    また、最近では、ケアマネージャーの求人を拡大するため、市町村が多くの支援を推奨しています。

    求人情報を市町村が支援して広めているところもあります。

    もちろん、ケアマネージャーになるためには多くの努力が必要ですし求人情報を見て応募したからといって簡単になれるものではありません。

    特に、資格を取得するためには、実務と多くの経験が必要です。しかしながら、しっかりと努力した人には、働きがいと多くのメリットが持たされることは言うまでもありません。

有料老人ホームの特徴

元気な方のホームの特徴 介護の方のホームの特徴
ホームの規模 50室以上の比較的大規模なところが多い 50室未満の小規模なところが多い
部屋の設備 居室にトイレやお風呂、ミニキッチン等がついたマンションのような造りの居室が多い。
居室環境重視。
居室にトイレ、洗面台等がつき、ベッドを1台配置できる位のスペースのワンルーム形式の部屋が多い。
介護しやすい居室。
共用施設 食堂、大浴場、ラウンジ、図書室、トレーニングルーム等 食堂、浴室、リハビリスペース等
生活内容 音楽コンサート、バスツアー、ビリヤード、ダーツ、マージャン、卓球、書道、絵画、ダンス、介護予防体操等 ドライブ、散歩、リハビリ体操、映画鑑賞、カラオケ、園芸、音楽療法等
入居者年齢 ご自分で選択して入居する方が多く、75歳前後が多い傾向にある。 ご家族が選択する場合が多い。 ご本人は要介護認定を受けており、80歳を超えての入居が多い傾向にある。
  • 無資格未経験の方にオススメ

    無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

    無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

    特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

    特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

    夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
    ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
    ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
    まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

新潟県 介護の取り組み

  • 新潟県介護実施事業の基本的な方向性

    参入促進

    ・介護職に対するネガティブなイメージの存在
    ・介護福祉士養成校の定員割れ

    ⇒新規参入や介護福祉士養成校の学生確保のため、若者、教師、親等の理解促進のため奨学金制度の活用促進。

    ・介護サービスの拡充
    ・求人倍率が高くなっており人材確保が難しくなってきている
    ・新潟県では平成37年度において4,700人の人材不足が見込まれている
    ・生活支援サービスの担い手の確保が困難

    ⇒介護施設等の整備
    新規参入の促進
    ・ 担い手のすそ野の拡大
    ・ マッチング機能の強化
    ・ UIターンの促進
    ・ リタイア層の活用
    ・ 生活支援サービス新規参入者の養成

    ・介護福祉士の資格を有しながら介護事業所に就業していない者が多い
    ⇒潜在有資格者の掘り起し
    ・ 潜在有資格者の再就職支援

    ・給与が低い
    ⇒国への要望の継続

    離職防止

    ・現任者の不安として、身体的な負担が心配であることが大きい
    ・現在の介護事業所に転職した者の多くが、離職原因として人間関係をあげている

    ⇒労働環境の改善
    ・ 介護ロボット等の普及
    ・ 事業所への労務管理等の取組への支援

    ・3年以内に離職する者多い(離職者の7割が3年以内に離職)
    ⇒キャリアアップの支援
    ・ 職員研修
    ・ 現任職員の資格取得支援

    ・介護現場において、医療的ケア・認知症ケアなど専門的知識・技術が求められている
    ⇒資質向上の支援
    ・ 喀痰吸引を行う職員の養成
    ・ 認知症ケアに携わる人材の育成

    ・地域包括ケアシステムの構築
    ⇒システム構築に資する人材の育成
    ・ 地域包括支援センターの機能強化
    ・ 生活支援コーディネーターの養成
    ・ リハビリ職による介護予防推進・強化
    ・ 権利擁護の推進

    ・給与が低い
    ⇒国への要望の継続

    介護士転職詳細を確認

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

北蒲原郡の介護施設求人情報と募集詳細

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ