介護士募集詳細情報
三重県ヘルパーであなたを必要としています!

  • 三重県ヘルパー就活求人状況

    三重県ヘルパーホーム6画像

    2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

    そんな日本に必要なのは、介護士です。

    今回はそんな介護士の三重県ヘルパー求人情報をお知らせします。

    では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

    元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。

    また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

    介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

    肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

    それこそがやりがいと言う人もいます。

    介護士には、お年寄りを介護する有料老人ホーム、訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

    介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

    各市町村では、介護福祉施設の介護士求人していますが、求人票だけでは判断できない事も多いと思います。

    有給休暇やお給料、労働時間等・・・

    就職後にトラブルにならないようにしたいところです。

    そこで、面接や就職後のケアーまでしてくれる人材紹介会社のご利用をおすすめします。

  • この転職で何を重視しますか?

    転職活動を進めるにあたり、次の職場のことを考えていきましょう。
    あなたが望むこと、譲れない条件などをピックアップしておきましょう。

    ・年収アップを実現したい
    ・時給や給料が高いところを探したい
    ・処遇面で資格や経験も考慮してもらいたい
    ・自宅から近く通勤時間が短い職場がいい
    ・土日休みで家族との時間を大切にできる職場がいい
    ・家庭の事情でお休みも取れる職場がいい
    ・夜勤のない職種で働きたい
    ・残業がなく定時で帰れる施設に転職したい
    ・人間関係の良好な職場で働きたい
    ・職場の雰囲気がいいところに転職したい
    ・子育てや介護と両立できる転職がしたい
    ・経験を活かして責任ある仕事がしたい
    ・研修制度のしっかりした施設でスキルアップしたい
    ・働きながら資格を取得したい

    現在介護のお仕事をしている方たちの「今の職場を選んだ理由」を前出の調査の結果からご紹介します。

    最も多かったのは「やりたい職種・仕事内容」(39.7%)で、「能力や仕事が活かせる」(34.2%)という回答も多く自分がしたい仕事やできる仕事のイメージ、つまり「やりがい」を考えて、現在の職場を選択していることが分かります。

    二番目に多かったのは「通勤が便利」(38.1%)で、この回答は特に、女性に多く見られました。
    女性の場合は「労働時間、休日、勤務体制が希望に沿う」を選んだ割合も多く、職場を選ぶ上で、働きやすく続けやすいかどうかを重視する傾向がみられます。

    介護士やヘルパーと一言で言ってしまうと、同じ仕事に見えるかもしれませんが、実際には、「老人ホーム」なのか、「訪問介護」なのか「デイサービス」なのかで仕事内容は大きく異なります。また、事業者(法人)の考え方によっても変わります。

    仕事内容は、やりがいに直接関わってくる部分ですから、しっかり見極めたい点ですね。


  • サービス提供責任者の勤務先

    サービス提供責任者 とは

    【仕事の内容】
    在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

    ①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
    ②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
    ③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
    ④訪問ヘルパーを取りまとめる など

    【勤務場所】
    訪問介護事業所

    【必要な資格】
    介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

有料老人ホームの特徴

元気な方のホームの特徴 介護の方のホームの特徴
ホームの規模 50室以上の比較的大規模なところが多い 50室未満の小規模なところが多い
部屋の設備 居室にトイレやお風呂、ミニキッチン等がついたマンションのような造りの居室が多い。
居室環境重視。
居室にトイレ、洗面台等がつき、ベッドを1台配置できる位のスペースのワンルーム形式の部屋が多い。
介護しやすい居室。
共用施設 食堂、大浴場、ラウンジ、図書室、トレーニングルーム等 食堂、浴室、リハビリスペース等
生活内容 音楽コンサート、バスツアー、ビリヤード、ダーツ、マージャン、卓球、書道、絵画、ダンス、介護予防体操等 ドライブ、散歩、リハビリ体操、映画鑑賞、カラオケ、園芸、音楽療法等
入居者年齢 ご自分で選択して入居する方が多く、75歳前後が多い傾向にある。 ご家族が選択する場合が多い。 ご本人は要介護認定を受けており、80歳を超えての入居が多い傾向にある。
  • 短期で働ける介護士パート

    単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

    短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

    ・単発・・・・勤務日数が10日以内
    ・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

    という求人が一般的とされています。

    またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

    仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

    また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

    短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

    ・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
    ・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
    ・キャリアアップを目指している

    など、いろいろな理由がありますよね。

    他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

    以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

    またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。


  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

三重県 介護の取り組み

  • 三重県の取組

    人材確保対策等について

    ○ 三重県福祉人材センターにおいて、福祉職場にかかる求人・求職情報を集約し、ニーズや適性に応じたマッチング(無料職業紹介)を行うとともに、福祉の就職フェアや職場説明会を開催し、福祉の職場を希望する人への相談・支援を行います。

    ○三重県福祉人材センターにキャリア支援専門員を設置し、福祉・介護職場への求職希望者と職員を採用したい施設や事業所のマッチングを支援します。

    ○県立津高等技術学校が実施する離職者を対象とした職業訓練(委託訓練)において、介護福祉士やホームヘルパーの資格取得を支援し、他分野から介護分野への参入を促進します。

    人材の定着促進等について

    ○独立行政法人福祉医療機構に対して、社会福祉施設職員等退職手当共済法に基づく退職手当金の支給に要する費用の一部を助成することにより、社会福祉施設職員等の処遇向上を図ります。

    ○介護労働者の雇用管理の改善、能力の開発・向上、その他の福祉の向上を図るため、介護労働安定センター・ハローワークと連携して、県が実施する事業者研修等の場において、雇用管理責任者講習の情報提供を行うなど、幅広い人材確保対策を連携して進めていきます。

    社会福祉施設職員等への研修・資質の向上等について

    ○社会福祉施設職員の資質向上のための研修事業を行う三重県社会福祉協議会に対して、研修実施のために必要な事業費を助成し、
    ①職員の経験や役職に応じた必要な知識や技術の習得をめざし、業種や職種を問わず社会福祉施設職員に求められる専門性を養うための生涯研修、
    ②社会福祉施設の種別ごとに抱えている問題や、今後の事業推進に対する課題を取り上げ、社会福祉施設利用者へのサービス提供に必要な能力を養うための業種別研修、さらに③専門分野に応じた高度な専門知識及び技術を習得し、より専門的な能力を養うための課題別専門研修等を実施していきます。

    ○社会福祉施設の適正かつ安定的な経営と入所者処遇の向上等をめざして、各法人・施設が行う運営に関し、専門家による指導・援助を行う体制を整備し、人事労務管理研修などにより社会福祉施設経営全般の向上を図ります。

    介護士転職詳細を確認

    介護支援専門員の資質向上等

    現状と課題

    ○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
    三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

    ○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
    2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

    ○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
    今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

    ○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
    しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

    ○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

    県の取組

    ○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

    ○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

    ○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

    ○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

北牟婁郡の介護施設求人情報と募集詳細

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ