介護福祉施設の就職で悩んでいるあなたに!
介護福祉施設求人状況

  • 介護士募集詳細!共に働いて頂ける方を募集

    介護福祉施設求人5画像

    高齢化社会が進む中で、介護の問題はさけては通れません。

    少子高齢化により、高齢者の数が年々増え、介護福祉施設がたくさんでき、それを担う介護士の数も不足がちです。

    これから日本の10年20年後の将来には今の2倍以上の介護職員が必要であるという試算がだされています。

    介護福祉施設の求人はどの都道府県でも他の業種と比較すると多いです。

    また、都道府県別に比較すると介護福祉施設の有効求人倍率はやはり首都圏で高い傾向にあり、北海道や東北、九州は低いです。

    介護福祉施設における介護士の役割は非常に大きく仕事は大変ですが、そのぶんお年寄りやそのご家族から感謝されとてもやりがいのある仕事です。

    ほかの業種より求人が多いので就職・転職するする際も自分の合ったところをいろいろ選べ就活に有利に展開できると思います。

    あとは、根気よくがんばれば、努力は報われますし、何よりもお年寄りと接することが好きな人やコミュニケーション能力が高い人が向いていると思います。

    あなたの就活で介護福祉施設の求人に対する条件は?

    給与や待遇も大切な条件ですよね。

    介護福祉施設の就職で悩んでいることがあるなら直ぐに問い合わせてみてください。

  • 介護士の資格を持った人の需要が高まってます。

    これからますます高齢化社会に進んでいく日本では、介護士の資格を持った人の需要が高まっていくことが予想されます。

    しかし中にはあまり待遇がよくない職場で働いている人もいるようなので、これだけ働いているのに、こんなに安い給料では納得できないという人があれば、思い切って転職を検討することをおすすめします。

    どの市町村でも、介護士を求めている介護施設は多いので、ひとつのところで無理に働き続ける必要はありません。

    市町村の介護士の求人の最新求人情報を知りたいときは、インターネットを利用するとよいので、時間があるときに探してみるようにしましょう。

    市町村にある各施設の窓口に、直接求人情報を問い合わせることも出来ますが、時間がかかって面倒なので、パソコンやスマートフォンを使って、介護士求人情報サイトをチェックした方が簡単です。

    複数の施設の待遇を比較することも出来るので、最初から条件の良い職場を選んで面接を受けたい方におすすめです。

  • 精神保健福祉相談員の勤務先

    精神保健福祉相談員 とは

    【仕事の内容】
    精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

    ①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
    ②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
    ③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
    ※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

    【勤務場所】
    医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

    【必要な資格】
    精神保健福祉士(国家資格)

介護福祉施設就職先選び方

  • 川西市老人保健施設の職場選びは慎重に

    同じ介護福祉施設の職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境でまったく違います。

    自分に合った介護福祉施設を選ぶのはとても重要です。

    その介護福祉施設にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

    しかし、事前に把握できることもあります。

    求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

    また、事業所の概要はインターネットやそこの有料老人ホームのパンフレットなどで確認できます。

    ただ、この事前に把握できる内容だけで本当にあなたの望む介護福祉施設選びが出来るのか?

    介護の現場と繋がりがある就職・転職の専門家なら、もっと重要な情報を持っています。
  • 介護職に派遣で働いています!

    介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
    中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
    それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

    介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

    介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
    中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
    そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
    今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
    こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
    子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

    ◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
    最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
    担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
    担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

    ◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
    ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
    派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
    いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。

  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

川西市 介護の取り組み

  • 兵庫県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護の日を中心とした職能団体による福祉・介護の仕事の魅力を発信する啓発事業を支援【基金】
    ○ソーシャルメディアによる若者への情報発信、プロモーションビデオの作成【基金】
    ○介護業務のイメージアップ等に資する事業を実施(DVD・パンフレット配布、就職フェア開催)

    ⇒●啓発事業 実施団体 10団体

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○養成校が高校等へ出向き、福祉・介護の仕事の魅力をPRする経費を補助【基金】
    ○高校生、大学生等を対象にした職場体験を実施【基金】
    ○高校生、大学生及びその親を対象にした施設見学バスツアーを実施【基金】

    ⇒●学校訪問 180校
    ●職場体験 250人
    ●バスツアー 300人

    その他の「参入促進」の取組

    ○人材確保・定着が困難な地域(但馬・丹波・淡路)対象の就職フェアを開催【基金】

    ⇒●就職フェア 1回(神戸市)

    介護士転職詳細を確認

    兵庫県老人福祉計画

    国の高齢化は、世界でも類を見ないペースで進行しています。介護保険制度が施行された平成 12 (2000)年、約 38 万人だった 75 歳以上の後期高齢者人口は、「団塊の世代」がすべて後期高齢者となる平成 37 (2025)年には、約 97 万人になることが見込まれています。

    今後も、都市部を中心に後期高齢者が急増し、単身や夫婦だけの高齢者世帯の増加はさらに進行することが予想されます。地域社会や家族関係が大きく変容するなか、介護保険制度がめざす「高齢者の尊厳の保持」や「自立支援」をいかに実現していくかが重要な課題です。

    こうした状況を踏まえて、平成27~29年を計画期間とする「兵庫県老人福祉計画(第 6 期介護保険事業支援計画)」を策定しました。めざすべきは、高齢者が住み慣れた地域で安心して自分らしい生活を送ることができる社会です。そのために必要な医療、介護、予防、住まい、生活支援を日常生活圏域で総合的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を推進します。

    その実現に向け、次の4つの目標を掲げました。

    第1は、「システム」。医療、介護、予防、住まい、生活支援が地域を単位として提供される仕組み作りです。

    第2は、「自立」。高齢者の持てる能力を生かし、自立を促す介護の提供です。

    第3は、「連帯」。地域住民・組織、NPO、介護事業者等、地域全体で支え合う社会の構築です。

    第4は、「安心」。高齢者が安心して暮らせる地域で、介護への不安無く生活できるサービス、ケアの確立です。

    また具体的な取組として、在宅・施設両サービスのバランスのとれた介護基盤の計画的整備、認知症の予防・医療・地域連携などの総合対策、増加する福祉・介護ニーズに対応するための介護人材の確保などを掲げました。

    今後、この計画に基づき、県民、関係機関・団体、事業者、行政が連携しながら、地域包括ケアシステム構築に向けた新たなスタートを切ります。

介護施設求人情報と募集詳細

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ