介護士募集詳細情報
北海道特別養護老人ホームであなたを必要としています!

  • 北海道特別養護老人ホーム就活求人状況

    北海道特別養護老人ホームホーム6画像

    2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

    そんな日本に必要なのは、介護士です。

    今回はそんな介護士の北海道特別養護老人ホーム求人情報をお知らせします。

    では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

    元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。

    また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

    介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

    肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

    それこそがやりがいと言う人もいます。

    介護士には、お年寄りを介護する有料老人ホーム、訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

    介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

    各市町村では、介護福祉施設の介護士求人していますが、求人票だけでは判断できない事も多いと思います。

    有給休暇やお給料、労働時間等・・・

    就職後にトラブルにならないようにしたいところです。

    そこで、面接や就職後のケアーまでしてくれる人材紹介会社のご利用をおすすめします。

  • 保有資格と求人の詳細

    ご存知の通り、介護の現場は「介護保険法」に従い運営されていますので、実務経験が長くても、適性(性格上向いている)があっても法で定められた資格要件を満たしていないとその業務に就くことができません。
    重大な法律違反になってしまいます。
    自分を守るため、そしてキャリアUPのためにも改めて『介護の資格』について理解しておきましょう。

    保有している資格ごとに求人検索することもできます。


    ・ヘルパー2級
    ・ヘルパー1級
    ・介護職員基礎研修
    ・介護職員初任者研修
    ・実務者研修
    ・介護福祉士
    ・介護支援専門員
    ・社会福祉士
    ・社会福祉主事任用
    ・精神保健福祉士
    ・理学療法士
    ・作業療法士
    ・言語聴覚士
    ・看護師
    ・准看護師
    ・柔道整復師
    ・あん摩マッサージ指圧師
    ・介護事務
    ・医療事務
    ・その他・無資格

    30秒程度のカンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!


  • ホームヘルパーの募集

    ホームヘルパー求人はどの都道府県を見ても絶えず募集はあります。

    ですが、施設や事務所などにより給金はもちろんの事、働き方や仕事の内容は大分異なります。

    例えば通常の介護施設であれば、(基本)早番、遅番、日勤、夜勤などのローテーションで働きますが、訪問登録ヘルパーの場合は毎週1日だけ。週3回1時間だけ。というような自分の都合に合わせて働く事が出来ます。
    (小さい事務所だと仕事数が無くうまく自分の都合と合わない事もありますが、その場合は他の事務所にも登録しておくという手もあります。)

    登録ヘルパーの良い点は小さいお子さんがいても(事務所にもよりますが)それを前提に働けるという所です。

    お子さんの体調の変化や、行事などでなかなか休める仕事はありませんが、それでも良いので仕事をしてほしいという所もありますので、諦めず問い合わせてみましょう。

    又、ホームヘルパー求人にて都道府県別に感じる事と言えば、まずお給料と募集数です。

    どちらも都会であるほど多いのです。その点も視野に入れ納得のいく職場を探してみてはいかがでしょうか。

有料老人ホームの特徴

元気な方のホームの特徴 介護の方のホームの特徴
ホームの規模 50室以上の比較的大規模なところが多い 50室未満の小規模なところが多い
部屋の設備 居室にトイレやお風呂、ミニキッチン等がついたマンションのような造りの居室が多い。
居室環境重視。
居室にトイレ、洗面台等がつき、ベッドを1台配置できる位のスペースのワンルーム形式の部屋が多い。
介護しやすい居室。
共用施設 食堂、大浴場、ラウンジ、図書室、トレーニングルーム等 食堂、浴室、リハビリスペース等
生活内容 音楽コンサート、バスツアー、ビリヤード、ダーツ、マージャン、卓球、書道、絵画、ダンス、介護予防体操等 ドライブ、散歩、リハビリ体操、映画鑑賞、カラオケ、園芸、音楽療法等
入居者年齢 ご自分で選択して入居する方が多く、75歳前後が多い傾向にある。 ご家族が選択する場合が多い。 ご本人は要介護認定を受けており、80歳を超えての入居が多い傾向にある。
  • 未経験OKの介護職とは?

    未経験だけど介護職員として働きたい!
    でも、就職や転職・再就職の時には、「未経験でもOKの職場なんてあるのかな」「初心者でも転職できるかな」「うまくいくかな」「いい職場で働けるかな」「この職場に決めてしまって大丈夫かな」など、誰でも迷ったり不安になったりするものですよね。

    そんな時はあなた1人で悩んでいるよりも、転職・就職など求人のプロに直接アドバイスしてもらった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

    転職・就職求人のプロに、未経験OKや初心者でも歓迎してくれる職場の求人情報を探しているあなたのサポートをしてもらってみてはいかがでしょうか?

    きっと、あなた1人で探すよりも、希望の条件にピッタリの転職・就職先が見つかります。

    プロのアドバイスを受けながらの転職・就職活動なら、介護職員として未経験でも、経験の浅い初心者でも、希望どおりの職場を見つけることも十分可能です!
  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

北海道 介護の取り組み

  • 介護サービス提供基盤の整備

    在宅生活を支えるサービス提供基盤の充実

    【推進の視点】
    地域包括ケアシステムを構築するためには、在宅生活を支える多様な介護サービスが「日常生活圏域」を単位として提供される体制づくりを進める必要があります。
    また、要介護度が高くなっても在宅生活を支えられるよう、訪問介護と訪問看護が連携して24時間体制でサービス提供を行う定期巡回・随時対応型訪問介護看護など、医療・介護の両分野において、24時間ケアの推進を図る必要があります。
    さらに、今後は特別養護老人ホームが中重度の要介護者を支える施設としての機能を重点化することから、軽度の要介護者へのサービスを確保する必要があります。
    道内の状況を見ると、定期巡回・随時対応型訪問介護看護や、小規模多機能型居宅介護に訪問看護を組み合わせた複合型サービス等のサービスを提供する事業所のない市町村が多数あるため、これらのサービスが提供されるよう積極的に取り組む必要があります。

    【推進方策】
    ・定期巡回・随時対応型訪問介護看護や小規模多機能型居宅介護、複合型サービス等の設置を推進します。
    ・グループホームやデイサービスセンター等、在宅サービスを支える施設の整備に対して補助します。
    ・地域密着型特別養護老人ホームの整備に併せて、併設での小規模多機能型居宅介護サービス等の地域密着型サービス拠点の整備促進を市町村に働きかけます。
    ・定期巡回・随時対応型訪問介護看護や複合型サービス等の事例紹介などを行い、普及促進を図ります。
    ・介護サービスが不足している地域において、市町村の要請に応じて訪問看護や機能訓練の巡回指導等の在宅ケア基盤づくりを行う北海道総合在宅ケア事業団の事業を支援します。

    介護施設サービスの充実

    【推進の視点】
    在宅生活を続けることが困難な場合などには、施設サービスを住み慣れた地域で受けることができるよう、施設の適正配置に留意して、地域の高齢者を支援するための施設整備を促進する必要があります。
    特に、特別養護老人ホームの入所申込者数が、平成25年度で2万6,731人となっていることなどを踏まえ、在宅サービスの充実とともに、在宅での生活が困難な中重度の要介護者を支える施設として、必要な特別養護老人ホームの整備を進める必要があります。
    また、新耐震基準の施行された昭和56年以前に整備され、改築されていない特別養護老人ホームや養護老人ホーム等が平成26年度で83施設あることから、利用者の安全確保のため、順次改築整備を進める必要があります。
    特別養護老人ホーム入所者の中重度者への重点化に当たっては、要介護度が軽度であってもやむを得ない事情により、在宅での生活が著しく困難であると認められる場合には、特別養護老人ホームへの入所を特例的に認めることとしています。
    さらに、施設においては、個別性に配慮したケアを推進するため、利用者一人ひとりがその人らしく毎日を過ごせるような環境づくりを進める必要があります。
    介護療養病床の廃止等による療養病床の再編成に当たっては、利用者の心身の状態に応じた介護保険施設等への転換を円滑に促進する必要があります。

    【推進方策】
    ○サービス提供基盤の整備
    ・要介護度が重度であり、在宅生活を続けることが困難な高齢者に対しては、施設サービスを住み慣れた地域で受けることができるよう、地域の高齢者を支援するための施設整備に対して補助します。
    ・特別養護老人ホームについて、必要入所定員総数の増加に応じた施設整備を計画的に進めるとともに、昭和 56 年以前に整備された特別養護老人ホームや養護老人ホーム等について、順次改築整備を行います。
    ・改築整備に当たっては、既存の特別養護老人ホームのサテライト化や改築時等における広域型施設から地域密着型施設への転換を促進します。
    ・認知症高齢者グループホーム等の施設における安全・安心を確保するため、スプリンクラーの未設置の施設に対して消防法施行令に基づき設置を働きかけます。
    ○特別養護老人ホームへの特例入所
    ・要介護度が軽度であっても、やむを得ない事情により在宅での生活が著しく困難であると認められる場合には、道と関係団体が協議して作成した具体的指針に基づき、市町村の適切な関与のもと、特別養護老人ホームへの入所を特例的に認めることとします。
    ○ユニットケアの促進
    ・高齢者の多様なニーズなどに配慮し、従来型の多床室での施設整備についても一定程度可能としますが、施設に入所しても、できる限り家庭的な雰囲気の下で、個別性に配慮したケアが行われるよう、ユニット型を原則とする施設整備を促進します。
    ・ユニットケアを支える介護スタッフ等の資質向上を図るため、施設管理者研修及びユニットリーダー研修を実施し、質の高いユニットケアの導入を促進します。

    介護士転職詳細を確認

    人材の確保及び資質の向上

    【推進の視点】

    地域包括ケアシステムを構築するためには、介護職員、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護支援専門員等の多職種の人材確保とともに、その資質の向上が課題となっています。
    看護職員の需給見通しとしては、看護職員全体の需要数が増加し供給数を上回っているため、今後も供給数を需要数に近づけるための人材の確保に向けた取組が必要となっています。
    また、介護職員については、将来、人材不足が急激に進むことが予想されていることを踏まえ、長期的視野に立ち、幼少期からの福祉・介護への「理解促進」を継続的に取り組むとともに、他分野からの離職者等の就業を促進するほか、潜在的な有資格者の掘り起こしや、介護を必要としない高齢者や主婦層の参入など、多様な人材の「参入促進」を図る必要があります。
    さらに、介護職は、他職種と比較し離職率が高く、経験年数の短い職員が多い傾向にあり、中堅層職員が不足している状況にあることから、職場のリーダー的役割を担う人材を育成するとともに、介護職の定着支援・離職防止につなげるため、研修機会の充実や研修受講を支援するなど、介護職員の「資質の向上」を図る必要があります。
    加えて、介護職の有効求人倍率が1倍を超え、人材確保が一層厳しくなる状況にあることから、事業者が求職者に選ばれる魅力ある職場づくりを進めることが重要であり、事業者のマネジメント能力や、人材育成力等の向上、働きやすい職場、キャリアパスに応じた組織体制の構築を促進するとともに、介護職員が離職する理由の多くに「職場の人間関係」への不満があることを踏まえ、介護職員への相談体制を充実するなど、「労働環境・処遇の改善」を図る必要があります。
    これらのことから、介護職員の人材確保に当たっては、理解促進、参入促進、資質の向上、労働環境・環境の改善などの取組を関係機関の連携により強化し、総合的に推進する必要があります。

    【推進方策】

    ○福祉・介護への理解促進
    ・福祉・介護職場のイメージアップ活動など、若年層に対する福祉・介護分野への理解を促進する取組を推進します。
    ・児童生徒等を対象に、幼少期・学齢期の段階からの福祉・介護に関する理解を深めるとともに、高等学校等の進路指導担当教員や保護者を対象に、介護職が進路の選択肢として位置づけられるよう、介護等の仕事の理解促進を図ります。
    ・少子化に伴い減少する若年層だけでなく、介護を必要としない高齢者や、出産、子育て等により離職している主婦層などの多様な人材の参入を促進する取組を推進します。

    ○福祉・介護職への参入促進
    ・福祉・介護人材を求める事業者と求職者との橋渡しを行う福祉人材センター・バンクの機能が発揮できるよう、求職者等にその活用を積極的に働きかけるとともに、潜在的な有資格者等の再就職を支援する研修などの福祉人材センター・バンクが行う事業を充実し、多様な人材の参入促進を図ります。
    ・介護福祉士の養成・確保のため、介護福祉士養成施設の運営に対する助成を行います。

    ○福祉・介護人材の資質向上
    ・福祉・介護職員の資質・能力の向上を図るため、職種や業務経験に応じた研修を行うとともに、介護職員初任者研修の適切な実施の確保を図るため、介護職員初任者研修事業者に対する指導に努めます。
    ・離職防止や指導的役割を担う中堅層の人材育成を図るため、自らの職種に誇りと将来展望を持って働くことができるような職員のキャリア形成を支援する研修を推進し、福祉・介護職に従事している職員の資質向上を図るとともに、安定的な定着支援に努めます。

    ○福祉・介護の労働環境・処遇の改善
    ・就労している福祉・介護職員の定着を図り、離職を防止するため、事業所等に対して、経営や労務管理の助言等を行うことにより、介護職場の就労環境の充実支援に努めます。
    ・求職者に選ばれる魅力ある職場づくりを促進するため、事業者が自主的に行う職場の魅力を高める取組や、求職者に対する職場の魅力を発信する取組を支援します。
    ・介護等の業務に従事する職員の人間関係や業務内容等に関する悩み・不満などに対応するための相談窓口の周知や充実に努めます。
    ・介護職員の負担軽減などを図るため、現在、国が進めている介護ロボット開発に関する状況を把握し、事業所等に対する情報提供に努めます。

    ○関係機関の連携強化
    ・介護事業者をはじめ、養成機関、労働関係機関、市町村、学校等と問題意識や取組の方向性を共有し、福祉・介護人材の育成・確保を促進するため、様々な関係機関の連携強化を進めます。
    ・関係機関が保有する福祉・介護人材に関する情報を共有するため、道、北海道労働局、北海道経済産業局、関係団体等で構成する「北海道福祉人材確保推進協議会」を活用し、ハローワークとの連携、介護・看護人材合同面接会への協力など、福祉・介護分野における関係機関の連携強化を進めます。

    ○保健・医療関係人材の養成・確保
    ・看護職員については、地域に必要な人材の確保が図られるよう、養成所の運営や施設整備に対する助成、修学資金の貸付け、教育教材の整備等による看護基礎教育の充実を図ります。また、ナースセンター事業における再就業の相談や斡旋を行うとともに、離職防止のための院内保育所運営費の補助、小規模病院等の看護職員が先進的医療に対応できる看護実践能力の習得等、看護職員の質の向上を図るための研修に対して支援するなど確保対策を促進します。
    ・理学療法士、作業療法士等のリハビリテーション関係職員の資質向上を図るために、地域リハビリテーション広域支援センターと連携を図りながら研修等を実施します。
    ・市町村における保健活動の充実のため、保健師、管理栄養士・栄養士、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士等については、研修を行うなど、資質の向上を図ります。

    ○介護支援専門員の養成・確保
    ・介護支援専門員について、受講者の利便性に配慮した実務研修を実施し、その養成・確保を図るとともに、実務に就いた後も、継続的に一貫した体制で専門性を深めることができるよう、更新研修のほか、専門研修や主任介護支援専門員研修等を実施し、その資質の向上を図ります。

檜山郡の介護施設求人情報と募集詳細

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ