介護福祉施設の就職で悩んでいるあなたに!
介護福祉施設求人状況

  • 介護士募集詳細!共に働いて頂ける方を募集

    介護福祉施設求人5画像

    高齢化社会が進む中で、介護の問題はさけては通れません。

    少子高齢化により、高齢者の数が年々増え、介護福祉施設がたくさんでき、それを担う介護士の数も不足がちです。

    これから日本の10年20年後の将来には今の2倍以上の介護職員が必要であるという試算がだされています。

    介護福祉施設の求人はどの都道府県でも他の業種と比較すると多いです。

    また、都道府県別に比較すると介護福祉施設の有効求人倍率はやはり首都圏で高い傾向にあり、北海道や東北、九州は低いです。

    介護福祉施設における介護士の役割は非常に大きく仕事は大変ですが、そのぶんお年寄りやそのご家族から感謝されとてもやりがいのある仕事です。

    ほかの業種より求人が多いので就職・転職するする際も自分の合ったところをいろいろ選べ就活に有利に展開できると思います。

    あとは、根気よくがんばれば、努力は報われますし、何よりもお年寄りと接することが好きな人やコミュニケーション能力が高い人が向いていると思います。

    あなたの就活で介護福祉施設の求人に対する条件は?

    給与や待遇も大切な条件ですよね。

    介護福祉施設の就職で悩んでいることがあるなら直ぐに問い合わせてみてください。

  • 求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

    残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

    ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
    あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
    唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
    ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

    今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
    そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

  • 高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

    今こそ高齢社会の時代に介護の現場で働いてみませんか?

    日本の高齢化率は、2010年には、23.1%が65歳以上となり75歳以上が10%を超えています。

    そう、約4人に1人が高齢者、その中で75歳以上が10人に1人いるわけです。

    この高齢社会を支える仕事こそが、介護職です。

    介護施設ではあなたを待っています。

    介護の仕事は、身の回りのお世話することだけだと思っていませんか?

    ただ大変な仕事としか思ってませんか?

    しかし介護施設は、地域とのかかわりあいや、季節の行事などを積極的に行い、利用者だけでなく、自身も楽しむ場であります。

    自分が、何年、何十年か先に入るかもしれない場所をみんなで力を合わせて、より良い場所にしましょう。

    行事では、自分の特技を生かせることもあります。今の仕事にやりがいを感じていないあなたこそ、この仕事に生きがいを求めてみませんか?

介護福祉施設就職先選び方

  • 習志野市グループホームの職場選びは慎重に

    同じ介護福祉施設の職場でも、事業所によって、仕事の内容、働く環境でまったく違います。

    自分に合った介護福祉施設を選ぶのはとても重要です。

    その介護福祉施設にどんな上司や同僚がいるのか、どんな問題があるのか、細かいことは働いてみないと分からないものです。

    しかし、事前に把握できることもあります。

    求人票には、採用条件、給料や福利厚生、社会保険の加入の有無、勤務時間が一般的に書かれています。

    また、事業所の概要はインターネットやそこの有料老人ホームのパンフレットなどで確認できます。

    ただ、この事前に把握できる内容だけで本当にあなたの望む介護福祉施設選びが出来るのか?

    介護の現場と繋がりがある就職・転職の専門家なら、もっと重要な情報を持っています。
  • 無資格未経験の方にオススメ

    無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

    無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

    特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

    特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

    夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
    ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
    ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
    まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

  • 介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

習志野市 介護の取り組み

  • 千葉県福祉人材確保・定着推進方針

    方針策定の考え方

    1)策定の背景
    急速な少子・高齢化の進展等により、一層の福祉・介護ニーズの増大が見込まれる中で、千葉県では、施設整備や在宅サービス等の充実に取り組んでいますが、介護保険や障害福祉サービス等を担う施設・事業所では、必要な職員の確保・定着が厳しい状況にあり、福祉人材の確保が喫緊の課題となっています。
    また、これまで福祉人材確保・定着対策については、国の経済対策により創設された「障害者自立支援対策及び福祉・介護人材確保対策臨時特例基金」等を活用して事業を展開してきましたが、基金の今後の継続は不透明となっており、平成26年度は基金は継続されるものの、27年度以降については想定できない状況であり、既存事業や他の補助制度の活用、重点事業の選定など、事業の効率的な執行を図ることが必要となっています。

    2)策定の趣旨
    この喫緊の課題に対して、県では、平成20年9月に「千葉県福祉人材確保・定着対策本部」を設置し、総合的な対策に取り組んできたところですが、一定の方向性の中で事業を推進することが重要であることから、県としての施策の基本的な方向性を示す「千葉県福祉人材確保・定着推進方針」を策定するものです。

    3)方針の位置づけ
    この方針は、福祉人材の確保・定着に係る施策を進める上での総合的な指針となるものです。この方針により、県、福祉関係団体、教育機関及び事業者等が連携・協働して、全県的に事業の推進に取り組み、福祉人材の確保・定着を図ろうとするものです。

    4)目 標
    質の高い福祉人材の確保・定着を図るため、以下を目標として取組みます。
    (1)必要な福祉人材を将来にわたって安定的に確保する。
    (2)離職率を全産業と同レベルにする。

    5)期 間
    一定の方針のもと、中期的な展望にたって事業を継続的に進めるため、平成26年度から30年度までの5年間を期間とします。
    なお、事業の進捗状況等を踏まえ、3年を目途に方針の中間見直しを行います。

    現 状

    高齢化と要介護者の状況
    千葉県の高齢化率は、年々増加しており、それに比例して要介護認定者も増加していくものと推計され、それに伴い必要介護職員数も増加するものと見込まれます。

    介護職員等の離職率と給与水準
    千葉県の介護職員等の離職率は、18.5%となっており、全産業に比べると、3.7ポイント高くなっています。
    また、福祉・介護従事者の給与水準は、全産業の平均に比べ低くなっています。

    介護関連職種等の有効求人倍率
    介護関連職種の有効求人倍率は1.89倍、保育士の有効求人倍率は1.10倍と、全職種の有効求人倍率に比較すると依然として高い水準にあります。

    これまでの取組み

    取組み経緯
    千葉県では、平成20年9月、総合的な人材の確保・定着対策を推進するため千葉県福祉人材確保・定着対策本部を設置し、同本部において、21年5月、新規就労者1万人、離職率16%を目標とする21年度から3か年の事業実施方針を策定しました。
    以後、国の経済対策により創設された「障害者自立支援対策及び福祉・介護人材確保対策臨時特例基金」等を活用して事業を実施しています。

    目標の達成状況
    千葉県内の介護職の就労者数は、介護サービス施設・事業所調査によれば、平成20年の31,814人に対し、平成23年には40,670人と、新たに8,856人が就労しており、目標の 1 万人に対する比率は約89%となっています。
    また、本県の介護職の離職率は、平成24年で18.5%(介護労働実態調査)となっており、方針策定直近時(平成19年)の24.7%に比較すると改善がみられますが、全国の全産業の平成24年の離職率14.8%(雇用動向調査)と比較すると依然として高い状況となっています。

    課 題

    これまでの取組みを通じて把握された課題
    (1)福祉人材不足への対応
    福祉関係については、求人数に比べ求職者が少なく、福祉人材が不足している状況が続いており、一層の人材確保が必要となっています。
    ※有効求人倍率(全国):介護関連職種 1.89 保育士 1.10 全職種 0.88
    (職業安定業務統計 H25 年 9 月 但し、保育士は H25 年 8 月)

    (2)処遇の改善
    給与水準が低く人材が定着しないとの声が多く、給与関係をはじめとする処遇の改善が重要であり、引続き国への要望が必要です。また、介護職員等のスキルアップを図るための研修を充実することも重要です。
    ※給与水準状況(24 年) ホームヘルパー:21 万円 介護施設職員:22 万円 保育士:21 万円 全産業:33 万円(平成 24 年賃金構造基本統計調査)

    (3)介護等の職場のイメージアップ
    一般の方や介護分野への就職希望者等が介護等の職場に対するマイナスイメージが強いと関係団体から指摘があり、介護等の仕事のやりがいや魅力について理解を促進することが必要です。

    (4)福祉・介護人材確保対策事業の周知
    事業の実施数が、見込より下回っている状況であり、推進体制の強化を図るなど事業の周知をより徹底することが必要です。
    ※福祉・介護人材確保対策事業(24 年度):想定事業数 300⇒実績数 129

    (5)即効性のある事業及び将来の土壌づくりとなる事業の推進
    合同面接会や就業促進事業などを即効性のある事業の充実を図るとともに、学生等を対象とした将来に向けた土壌づくりとなる人材育成や福祉教育などの充実も必要であり、両者のバランスをとることが必要です。

    今後の検討課題

    (1)高齢化への対応
    急速な高齢化に伴い特別養護老人ホーム等の施設の増加が見込まれる中、福祉人材
    の不足が懸念され、より一層の人材確保が必要となっています。

    (2)制度改革への対応
    介護福祉士受験のための実務者研修の義務付けや介護職員初任者研修制度への変更など、国の人材確保等の施策に合わせた人材育成が必要です。

    (3)基金終了への対応
    基金が今後継続されるか不透明であり、各事業の実施が不安定な状況にあるので、既存事業の精査や他補助制度の利用等により、効果的な事業執行を図る必要があります。

    (4)景気動向への対応
    景気の動向によっては、他業種への人材流出による離職率の増加が予想されるため、対応策を講ずることが必要です。

    推進方針

    以上の課題を踏まえ、目標の実現に向けて、次のとおり5つの区分の中で12の方針を策定します。
    なお、「第4章 課題」の「2 今後の検討課題」の「(3)基金終了への対応」(課題2-(3)「基金終了への対応」と表記。以下同じ)を踏まえ、基金が終了する場合を考慮し、適切な事業評価を行い、重点化する事業を選択するとともに、セーフティネット補助金等を利用するなど事業の効率的な執行を図っていきます。

    介護士転職詳細を確認

    人材の育成

    一般の方や学生などに介護等に対する仕事のやりがいや魅力について理解を促進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(3)「介護等の職場のイメージアップ」を踏まえ、イメージアップを促進し、介護職のやりがいや魅力について理解促進を図ります。

    ≪対応する取組≫ (※括弧内は主な担当課等を示したものです。以下同じ)
    ○福祉人材の確保に向けた広報・啓発 (健康福祉指導課)
    福祉人材センターにおいて、ポスターや各種啓発用パンフレットの作成・配布等、福祉人材確保に向けた広報・啓発を行います。

    ○福祉・介護人材参入促進事業 (健康福祉指導課)
    小学生から大学生や主婦等一般の方を対象に、福祉・介護等の仕事の魅力を伝えるため介護体験やセミナー等を実施する事業者等を支援します。

    ○福祉人材確保・定着フォーラムの開催 (健康福祉指導課)
    福祉介護の現場から学生や県民に向けて仕事のやりがいや魅力等を伝えるために福祉人材確保・定着フォーラムを開催します。

    地域の助け合い意識の啓発や、福祉の心を育てる福祉教育を推進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(5)「将来の土壌づくりとなる事業の推進」を踏まえ、福祉教育等の充実を図り、人材の育成・確保に努めます。

    ≪対応する取組≫
    ○福祉教育推進校の指定 (健康福祉指導課)
    学校や地域を通じて体系的・継続的に福祉教育を推進するために、引き続き福祉教育推進校の指定を行います。

    ○県立高校に福祉教育拠点校を設置 (県立学校改革推進課)
    松戸向陽高校を福祉教育の拠点校とし、県内福祉関係コース等の設置校とのネットワークを構築し、福祉に関する知識や技術の習得等の集積などにより、福祉教育のレベルアップを図ります。

    ○県立高校に福祉関係のコース等を設置 (県立学校改革推進課)
    地域や時代のニーズ、地域バランス等を踏まえ、生徒の地元への就職や地域の活性化を考慮し、福祉関係のコース等を設置します。

    介護福祉士や介護職員初任者研修等の資格取得への支援を充実させる

    ≪課題への対応≫
    課題2-(2)「制度改革への対応」を踏まえ、介護関係資格の取得支援制度等を充実させ、人材の育成を図ります。

    ≪対応する取組≫
    ○介護福祉士試験の実務者研修や介護職員初任者研修 (健康福祉指導課)
    介護福祉士試験の受験要件となる実務者研修や介護職員初任者研修など介護職員等の資格取得の研修が適正に実施されるよう事業者等に情報提供等を行います。

    ○喀痰吸引等の研修 (健康福祉指導課)
    介護職員等によるたんの吸引や経管栄養といった行為(喀痰吸引等)の実施に向け研修を行います。

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業 (健康福祉指導課)
    若い人材の福祉・介護分野への参入を促進するために入学準備金や学費など修学資金を貸し付けます。

    ○外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業 (健康福祉指導課)
    経済連携協定に基づき外国人介護福祉士候補者を受け入れている施設が行う日本語教育等の経費について支援を行います。

    ○受刑者の資格取得の支援 (健康福祉指導課)
    受刑者に対し介護職員初任者研修等の研修を行うことにより資格を取得させ、出所後の福祉・介護分野への就労促進を図ります。

介護施設求人情報と募集詳細

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ